効率的に資産を殖やそう

借入を活かそう

積み木

資産運用の方法には株式投資やFX、金投資がありますが、その中でも注目をしておきたいものが不動産投資です。なぜならば、不動産投資には株式投資やFX、金投資にはない運用上のメリットがあるからです。そのメリットとは長期の借入れをすることができるという点です。長期にわたって借入れをすることができるということは、長いことレバレッジを効かせ続けることができるということです。他人のお金を利用して自分のための収益を稼げるわけですからこれほど効率の良いことはありません。株式投資やFXでもお金を借りて投資をする信用取引という方法がありますが、この信用取引の場合、評価損が発生した場合には追加の保証金を預けなければならないケースもあります。

チャンスはこれからです

不動産投資における借入ではきちんと返済を続けている限り、当初約定した以上の返済額を求められることはありません。つまり、計画的に運用を行っていくことができるわけです。現在、借入れコストはかなり下がってきています。年収が高く、カードローンなどの借入れがないような人の場合、不動産投資における借入れが1%台になることも珍しくはなくなってきています。不動産価格の上昇に伴い、表面利回りは下がってきていますが、借入れ金利も下がってきていますので、表面利回りと借入れ金利との差はほとんど変わりません。つまり、借入れをして不動産投資を行うにはまだまだ魅力的に水準であるということです。レバレッジを効かせた運用を行い、効率的に資産を殖やしていきましょう。