安定収入が期待できます

株式ほどリスクはないです

不動産

上場不動産投資信託は、株式投資ほどリスクが高くなく、不動産投資のように安定的な収入を見込める投資商品です。株式市場で売買されており、オンラインの証券口座を持っていれば、クリックだけで売買することが可能です。上場不動産投資信託を取引することによって得られた売却益や分配金などの収益は、原則、源泉分離課税がされて課税関係が完結するので、確定申告をする必要もありません。魅力は事務手続きの簡便さだけではありません。最も重要な収益についても大きな魅力があります。それは分配金が安定しているということです。これは上場不動産投資信託の仕組みにあります。上場不動産投資信託はマンションやオフィスビル等の収益物件を1銘柄で数多く保有しています。

効率が良いです

しかも、保有している収益物件は、上場不動産投資信託の運営会社がそのグループ力を使って情報を得た優良物件であることが多いです。そのため空室リスクがしっかりと分散されているのです。個人で中古ワンルームマンション等の収益物件を購入して不動産投資をしようとする場合、購入できる収益物件のグレードはそれほど高いものではありません。駅前のオフィスビルや利便性の高いエリアのマンションを区分所有で購入しようとしても、価格が高くて採算が合わない事が多いです。しかし、上場不動産投資信託は基本的に1棟で収益物件を購入するので、規模のメリットが生じ、価格を抑えることができるのです。有利な条件で運営ができるため、個人で収益物件を買うよりも上場不動産投資信託に投資をする方が効率的とも言えます。